各曲試聴可能です♪
iTunesDLLogo.gif
AmazonDLLogo.gif
各配信サイト登録しました。国内amazonに対応!!!よろしく覗いてみてください。

2008年05月19日

音魂と言霊

 今、とゆーか、Ver0.1の発表後からずっと言葉の作成をしている。

 She'z_K(シーズケー)の楽曲は全編インストロメンタル、いわゆる
インストという「歌」の無い音楽ジャンルに入るだろう。楽曲を作っている
ボク自身は、作曲・編曲と名乗って仕事をしているので、言葉を操る事は
正直苦手。だもんだから、今回の作業には、いつも使う脳みそと違う所を
使っているのだろう、かなり苦労をしている…。

 んじゃ、そんな奴がわざわざ何をしているの?
そうですね〜、インストであるShe'z_Kの楽曲を作った本人が文字で伝えると、
言葉で表現すると、どうなるんだろう?と、不幸にも思い立ってしまったから。

 She'z_Kの本格的活動以前は、歌モノのお仕事中心にしてきた。
かつて、自分のメロディーに言葉にできるような意味ある楽曲を
さんざん作ってしまい、実に妙な愛着がわきたち、作詞家の文言が
載る時のエディット作業に大いに支障をきたした事があった。
以来、自然と身に付いた防護本能が、メロディーに載る言葉は
自分の中では全てインチキ英語だったり、無意味な言葉だったりと、
意味の無い道理の通らない文章になっていった。
そんな、まるで右脳と左脳を分離した制作の仕方に慣れてきたせいか、
すっかり自分のメロディー&アレンジ作業に「言葉」は解離していった。
曲先がほとんどだったので、ある意味言葉の表現等は「ふわっ」と
していることが、スムーズにお仕事を進めるコツだったりしたのかも。
だもんだから、作詞家さんに「ここメロディー、変更してもいい?」と
尋ねられて、即、「いいスよ!」って返すもんだから、「軽いね〜」って、
よく言われた。
 自分の信念はメロディー&対旋律の中にこそあり!!!って信じ続けて来たんだろね。

 そんなボクが、自己の楽曲に不幸にも「言葉」を付けようと思いたった
理由や経緯は、次回に。
本日はコレで勘弁して下さい。文章考えるの一日でコレくらいで限界ス(笑)
posted by 花壱レコード at 04:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 記 榎本英彦<Keyboads> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさんでございます。

その葛藤(?)はよく解る。
でなきゃ、言葉も解らんくせに洋楽ばっかり聴いてたことは説明つかんのでね。
自分もどっちかというと、楽曲に対しては曲先の部分があったから。
ただ、意思を伝達する手段としては、やはり言葉がないと、伝わらないのだと思う。でも、基本的に言葉自体も不完全であるとも思うけどね。

この辺りの話をしようとすると、再現がなくなるので、ここではムリだけど、ちょっと議論してみたいネタでもあるかな。
Posted by 千葉P at 2008年05月19日 16:57
悩める青年の姿は実に、美しい!!
青年は高野豆腐をめざせ。だしをきかせると、味が出るー。
Posted by 三合飯 at 2008年05月19日 20:43
>千葉Pさま
そうなんですよ。言葉がないと伝わらない。まさに染み入る言葉です。頑張ります。
Posted by 榎本ひで。 at 2008年05月21日 01:12
>三合飯さま!
コメントありがとうごさいます。良質な鰹節を仕入れます(笑)
Posted by 榎本ひで。 at 2008年05月21日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
骸骨ロゴ花ロゴ
Copyright (C) 2007 hanaichi_records.All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。